福祉住環境コーディネーターとは?

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者の方に対して自立した生活を送れるよう、自宅などの住環境を住みやすい環境へと改善するためのアドバイスを行う専門家です。

 

福祉環境をコーディネートする

合格への近道!無料の資料請求はこちらから!

 

 

より安心して自立生活を送れるようなアドバイスを行うために、住環境の知識のみならず、その人がその人らしく生活できるような住環境を提供できるように、医療、福祉、建築などの幅広い分野の専門知識を身に付けている必要があります。

 

また、各分野の専門家との折衝なども必要になるため、コミュニケーション能力や企画提案力なども要求される職種とも言えます。

 

それぞれの人に合った住環境の提案

福祉住環境コーディネーターは、規格どおりの住環境を整備すればいいと言うわけではありません。

 

住宅改修を必要とする人が、その人らしい生活を続けられるように、一人一人のニーズに合った改修計画を提案しなければなりません。

 

そのため、クライアントさんの要望を漏らさず把握し、クライアントさん本人が気付いてない生活上の危険個所やより安全・便利な住環境となるよう、専門家としての提案も積極的に行っていく必要があります。

 

この部分において、福祉住環境コーディネーターの専門家としての力量が発揮されます。

 

福祉分野に携わる1人の専門家

住環境の改修という技術的な方面の専門家ではありますが、福祉分野に携わる専門家として大切なのが、クライアントさんについて親身に寄り添い、その人にとって最も望ましい環境を一緒に考えていく姿勢です。

 

クライアントさんが楽をしたいからという理由で、大規模な改修を希望したとしても、福祉住環境コーディネーターは安請け合いしてはいけません。

 

なぜなら、快適すぎる環境は、その人自身の残存能力までもを奪ってしまう危険があるためです。
改修工事を行う側からすれば、大規模改修は利益が上がりやすく魅力的に写るかもしれません。

 

しかし、それでは本来の改修の目的である「その人らしい生活の継続」が叶わなくなります。
こういった面から、福祉住環境コーディネーターは高い倫理観をも要求される専門職と言えます。